チーム方針

目標は全国制覇。目的は野球を通じた心身の成長。

チーム紹介 

千葉県市川市を拠点とする中学硬式野球のクラブチームです。

野球の技術はもちろん、心身共に著しく成長する年代の選手達と

スタッフ一同が正面から向かい合いコミュニケーションをはかり、

チームの仲間で一緒にやり遂げようとする「強い心」

助け合おうとする 「優しい心」の持ち主を育てようと

野球を通じて指導しています。

野球の技術面においては硬式野球の経験者をフルスタッフとし、

高校野球に通じる様「心」「技」「体」の基礎づくりを中心に

日々活動を行っています。      選手募集中

 

※コーチングスタンスは文部科学省のスポーツ・青少年局スポーツ

振興課のコーチング推進コンソーシアムが取りまとめた

『グッドコーチに向けた7つの提言』を参考にしています。

 

 

基本的な考え方 

 高校野球で活躍する、文武両道を目指す、甲子園に出る、

 プロ野球を目指す、など自分で高い目標を掲げて、

 そこに向かい自分を奮い立たせて計画的に努力できるような

 心をこの市川シニアの活動を通じ身につけてもらいたいと

 思って指導しています。 

 将来「スポーツマン」として周囲からみられる事もある中で

 スポーツを通じて学べる多くのことを野球ノートなどでの

 対話を通し伝えています。団体競技ならではの

 チームワークの醸成には熱血スタッフが一丸となって

 「応援されるチーム」作りにまい進しています。

 

 

 

基本的な考え方 

 野球の技術指導は多くの方法論があります。指導者がその

 多くを学び、たくさんの引き出しから選手たちにヒントと

 なる様なアドバイスを送りながらコーチングをしています。

 野球界の旧態依然とした漠然として高圧的な指導とは縁遠い

 スタンスで指導しています。 

 

打撃 

 硬式野球の醍醐味はバッティング。強い打球を打つこと、

 その為のフォーム作り、体と道具の使い方を指導します。

 打てても3割の確率の中でそれを高めるための考え方などの

 指導も行っていきます。 

 

投手 

 ケガなく3年間過ごす事を大切にしながら基本の動作を

 磨き、柱となるストレート、武器となる変化球も

 体得していってもらいます。

 守備面、試合の作り方、メンタルなど多岐に渡っての指導を

 投手出身の専門スタッフが行います。

 2017年は市川シニア出身の投手5名が高校野球で背番号1を

 背負い、各地で戦いました。投手育成には定評があります。

 

 

守備・走塁/チームプレー

 多くの守備の基本、誰もが意識次第で上達する走塁に

 ついては下級生のうちから徹底的に指導します。

 現代の高校野球の指導はどんどん進化しています。

 常に最新の指導を意識しながら高校でも困らないような

 「考える野球」を指導しています。

 また市川シニアの最大の武器は「全力疾走」です。

 これには徹底的にこだわります。

 

 

 

基本的な考え方 

 小学校を上がったばかりの1年生と、翌年から高校で活躍する

 準備の整う3年生、体の違いが大きいのがこの中学野球です。

 スタッフ全員がこの認識を持って個々人に合わせた体作りの

 指導を行います。野球に必要なトレーニングは常に最新の

 知識を勉強し指導しますが、ウエイトトレーニングと

 いうよりも体幹強化や柔軟性の向上に重きをおいています。 

 

 

ケガの予防

   骨がどんどん成長するこの時期ならでは、また野球という

 競技ならではのケガ(野球肩、野球肘、オスグッドや

 シンスプリント等)に対しては予防の意識を高く持ち、

 近隣の総合病院とも連携して予防のストレッチ指導や、

 柔軟性の検査などを行います。 

 ケガなく高校野球に進んでもらうことはもちろん、

 本人にも知識をつけてもらいケガに対する

 自己管理を促します。 

 

食育 

 個々人の食べる量の差もあるので、強制的な食べる量の

 指導は行いませんが、食事も大切な取り組みであることを

 この3年間で知識として身につけてもらいたいと思います。

 チーム専属のアスリートフードマイスターと連携し、

 選手本人、保護者の方にも栄養指導を行い、土日の

 活動時だけでなく食育の意識を高める指導を行ってます。

 (冬のお弁当の例 : 保温の弁当箱に1合位のご飯と、

 別でおにぎりを数個持たせてお昼の時間だけでなく、練習の

 合間で補食の時間を取り、一日かけてその量を食べます)

 

【充実した高校野球生活を送ってもらうために】

中学時代の野球はあくまで高校野球を見据えた準備の

期間であると考えます。

 

基本的な技術の習得、練習方法の理解を日々の練習で

身につけて行きます。

また、試合を通じ野球という競技の持つ特性、チーム、

組織で成果を出すということがどういうことかを

学んで行きます。

 

団体での行動を通じ礼儀やマナー、スポーツマンシップを

学んで行きます。

 

それらを通じて、来るべき高校野球を充実したものにして

もらえるように最大限サポートして行きます。

高校野球を仲間とやり切った経験はその後、どんなに辛い時も

いつでも自分を励ませる自信が身につき、一生涯のかけがえの

ない仲間という財産を得ることができ、そして大好きな野球と

いう友と深く繋がることが出来ます。

輝く宝物のような時間が人生に加わります。

 

中学3年の夏で大きな大会は終わりますが、そこからの半年も

とても大切な高校野球の準備期間と位置づけ、受験勉強を

優先しながらも高校入学の直前まで練習に励んでもらいます。

 

そして高校野球を終え、やり切りましたという充実した成長した

顔を見せに来てくれるOBの姿は指導者が一番嬉しいものです。

市川シニアはそのような視野でこの中学時代の野球を捉えています。